ホーム > 食べる > 「ふるさと」で取り扱う自然薯

とろろいもの最高峰 奥山高原産 栽培じねんじょ
自然薯の写真

「ふるさと」で取り扱う自然薯


生で食べるものだからこそ、安心して食べられる自然薯を

「ふるさと」で取り扱う自然薯は、静岡県で栽培され、生態系クリーン栽培のものを使用しています。

この栽培方法で作られた自然薯は、灰汁が出にくく、黒くなりにくく、天然ものより食べやすいのが特徴です。又、肥料による臭い移りや、肥料やけがほとんどない自然薯です。

栽培自然薯の紹介

1.防虫防薬中間マルチング・ダクトシステム静岡方式(静岡方式)

自然薯栽培といえばパイプ栽培(慣行栽培)が一般的ですが、表皮の黒い肥料焼けや異臭、灰汁の発生しやすいなど、より良い自然薯の栽培のためには限界があります。そこで、私たちは静岡自然薯研究会の“防虫防薬中間マルチング・ダクトシステム静岡方式”で栽培された自然薯を使用しています。

慣行パイプ栽培法

クレバーパイプを半月状に切り、その上に種芋を植えることで、自然薯がパイプに沿って育つ、掘り取りやすく、比較的まっすぐな自然薯が栽培できます。肥料に鶏糞などの堆肥や農薬を使うことがあります。それらはパイプの切れ目や開口部から入って、表面が黒くなったり(やけ)、匂いがついたりすることがあります。

防虫防薬中間マルチング・ダクトシステム静岡方式

波板の上に“ダクト”と呼ばれる厚めビニールの筒を置き、マルチ(ビニールなどで上を覆うこと)をして、その上に種芋を植え付ける。新生薯はすぐ下のマルチを破り、ダクト(中は無菌の土が入っている)の中で成長するので、病気にかかりにくく、肥料による“やけ”やにおいがつきにくい

2.静岡方式は、自然に学んだ自然薯づくり

自然界では、落葉が堆積し、分解して腐葉土となります。自然薯はこの腐葉土からわずかな養分を吸収し、成長します。天然の自然薯は多くの場合、腐葉土層に“ほづ”(薯の上部先端から約10cmあたりのところ)部分があり、貯蔵根であるイモは、粘土層(土の中0.3~1.2mのあたり)の中にあります。地上部からの分解物などの影響はこの粘土層にさえぎられます。この静岡方式は、粘土層の阻止効果を中間マルチとダクトに持たせた方式です。

3.生態系農法

私たちは静岡方式とあわせて、生態系農法を採用しています。それは

  1. 化学合成農薬や化学肥料は使わない
  2. 鶏糞、畜糞、汚泥などで作った肥料や堆肥は使わない
  3. 土作り・肥料・防除には腐植質土、植物活性液、有機発酵肥料、安全な植物保護液を使う

これらのことを行うことで、肥料やけのない色白できれいな姿や摩り下ろしても灰汁が少なく、異臭もほとんどない、自然薯を作ることができます。

自然薯のお話

自然薯は、辞書で調べると“ヤマノイモ属ヤマノイモ科ヤマノイモ”(学名Dioscorea japonica)で別名“自然薯”と記してあります。普段、食べているイモの部位は、正確には担根体と言い、養分を蓄えておくための特殊な器官です。サツマイモやジャガイモと同じ様なものとお考えください。ですから、自然薯も春になれば新しい芽が出てきます。

根の部分とは、ほかに食べる部分で“むかご”があります。これは、よく“実”と紹介されていますが正確には“葉の付け根にできる球状の芽”です。でも、むかごも植えれば、新しい芽が出て自然薯ができるので、わかりやすく言うと“実”といえます。では、本当の“実”はどんなものかというと、3枚羽の薄い丸い膜で、その中に種があります。“実”自体は食べるところはありません。自然薯は、イモでも、むかごでも、種でも増えていく事ができる植物なのです。

自然薯の主な成分は炭水化物で、でんぷん質やマンナンが多く含まれています。でんぷん質の多い食品は消化が悪いため、加熱して食べますが、自然薯にはアミラーゼと呼ばれる消化酵素が含まれているため、生で食べることができます。この消化を助けるアミラーゼが一緒に食べた物をゆっくりと消化するため、エネルギーの持続性が期待されます。